クロスファイブ

x-5
会社概要

株式会社クロスファイブ
〒 591-8025
大阪府堺市北区長曾根町3063-3
tel : 072-240-8111
fax : 072-240-2688

CROSS FIVE co.,ltd.
3063.3 Nagasone-cho Kita-ku
Sakai-city Osaka JAPAN 591.8025
tel : +81.72.240.8111
fax : +81.72.240.2688

コラボレーションショー
「SOUND」「SPORTS」「CAR」「GEAR」「GIRL」という5つのカテゴリーを1つの場所で楽しめるエンターテイメントショーという意味で「クロスファイブ」という名称になりました。日本初のインドアショーとして2002年にスタートさせ、2008年よりアウトドアでの開催もスタートしクロスファイブジャパンツアーとして展開しております。
Outdoor 1day 屋外開催
演出面でインドアでは規制され出来なかった事を取り入れてみようと2008年大阪よりスタート。開催場所に合わせエクストリームスポーツの究極版とも言えるFMX(フリースタイルモトクロス)やスタント・トライアルバイクショー等ありえないバイク技での演出やミニモトの試乗会等も会場にあわせて行います。カスタムカーコンテストはもっと気楽に参加できるアウトドアでのクロスファイブとなっています。
Indoor 2days TOUR FINAL
巨大な屋根付きの箱(インドア)で初日は夕方から夜、2日目は朝から夕方までの2日間開催をメインとし、開催中は館内照明は一切点灯せず館内はステージやブースの照明のみで照らします。簡単に言えば超巨大なクラブのようであり、そこに300台オーバーのアメリカンカスタマイズされたバイクや車が並び当然のように特大ステージがあり、ライブやダンスパフォーマンス等エンターテイメントショーが繰り広げられます。やはりインドアの場合はステージでのショーがメインになりますが隣接する屋外ステージではFMXのデモショーが開催され、屋内ではBMXでのエクストリームショーや本格ゲーム機のデモ・ラジコンのレース大会等その開催に合わせ娯楽を満喫していただけます。カーショーは1年のファイナル⇒集大成という事もあり、全国各地より素晴らしいカスタムカーやバイクがエントリーされます。
History
2002y

アメリカンカルチャーを軸とした複合エンターテイメントイベント業務を創めるにあたり有限会社クロスファイブ設立。インテックス大阪よりスタート。
2003y
前年度インドア開催成功に伴い全国展開をスタート、インテックス大阪・幕張メッセの2ヶ所にて開催。
2004y
株式会社クロスファイブに変更。パシフィコ横浜・インテックス大阪・ポートメッセ名古屋のインドア3ヶ所にて開催。
2005y
GUAMにて海外開催。GUAM・ポートメッセ名古屋の2ヶ所にて開催し2007年までの3年間GUAMを続ける。
2008y
大阪府で初の屋外開催をスタートし規模拡大に成功。泉大津フェニックス・ポートメッセ名古屋の2ヶ所にて開催。
2009y
東京都での屋外開催を決定。大阪・東京でのアウトドア開催、愛知でのインドア開催の3都市でのツアースタート。舞洲スポーツアイランド・味の素スタジアム・ポートメッセ名古屋の3ヶ所にて開催。
2011y
九州開催を追加し熊本県にて屋外開催。大阪府舞洲スポーツアイランド・熊本県グランメッセ熊本・東京都味の素スタジアム・愛知県ポートメッセ名古屋の4ヶ所にて開催。大阪・熊本・東京・愛知の4都市ツアーとなる。
2012y
大阪府舞洲スポーツアイランド・熊本県グランメッセ熊本・東京都味の素スタジアム・愛知県ポートメッセ名古屋の4ヶ所にて開催。春と夏に大阪開催を2回行い、年間5開催行う。
2013y
東北開催を決定、宮城県白石スキー場にて屋外開催。熊本・大阪・東京・宮城・愛知の5都市ツアーとなる。
2014y
モンスターエナジー様と2年間のメインスポンサー契約を結ぶ、「CROSS FIVE JAPAN TOUR Presented by Monster Energy」 とする。
九州開催場所を熊本県より福岡県へ変更。宮城開催では初のモール開催となるイオンンモール名取での開催を行う。2014年度より、福岡・大阪・東京・宮城・愛知での国内5都市ツアーとなる。
2015y
前年度に引き続き、福岡・大阪・東京・宮城・愛知での5開催ツアーを行う。宮城県での開催場所を夢メッセみやぎに移しインドア開催となり規模を拡大する。
2016y
シュアラスター株式会社様と1年間のメインスポンサー契約、キメラプロジェクト様とエクストリームスポーツへのスポンサー契約を結ぶ。

開催地

2002y
vol.01 11/10 大阪 インテックス大阪3号館
2003y
vol.02 4/24-25 千葉 幕張メッセ 9-11号館
vol.03 11/1-2 大阪 インテックス大阪3号館
2004y
vol.04 4/25 愛知 ポートメッセなごや1号館
vol.05 8/14 大阪 インテックス大阪3号館
vol.06 12/18-19 神奈川 パシフィコ横浜全館
2005y
vol.07 6/4 グアム ACI  PACIFI 
vol.08 10/1-2 愛知 ポートメッセなごや1号館
2006y
vol.09 4/22 グアム YOGOアミューズメントパーク
vol.10 9/23-24 愛知 ポートメッセなごや1号館
2007y
vol.11 5/19 グアム Kマート屋上駐車場
vol.12 9/22-23 愛知 ポートメッセなごや1号館
2008y
vol.13 7/20 大阪 泉大津フェニックス
vol.14 12/6-7 愛知 ポートメッセなごや2号館
2009y
vol.15 5/17 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.16 9/22 東京 味の素スタジアム
vol.17 12/19-20 愛知 ポートメッセなごや3号館
2010y
vol.18 5/23 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.19 8/22 東京 味の素スタジアム
vol.20 12/11-12 愛知 ポートメッセなごや1号館
2011y
vol.21 4/3 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.22 7/3 熊本 グランメッセ熊本
vol.23 9/23 東京 味の素スタジアム
vol.24 12/3-4 愛知 ポートメッセなごや1号館
2012y
vol.25 4/22 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.26 7/8 熊本 グランメッセ熊本
vol.27 8/5 大阪臨時開催 舞洲中央駐車場
vol.28 9/23 東京 味の素スタジアム
vol.29 12/15-16 愛知 ポートメッセなごや1号館

2013y
vol.30 3/24 熊本 グランメッセ熊本
vol.31 5/26 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.32 7/28 東京 味の素スタジアム
vol.33 9/29 宮城 蔵王白石スキー場
vol.34 12/7-8 愛知 ポートメッセなごや1号館
2014y
vol.35 3/30 福岡 アイランドシティ
vol.36 5/18 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.37 8/17 東京 味の素スタジアム
vol.38 9/28 宮城 イオンモール名取
vol.39 12/12-13 愛知 ポートメッセなごや1号館
2015y
vol.40 3/29 福岡 ボートレース福岡
vol.41 5/17 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.42 8/9 東京 味の素スタジアム
vol.43 10/4 宮城 夢メッセみやぎ
vol.44 12/26-27 愛知 ポートメッセなごや1号館
2016y
vol.45 3/27 福岡 恋の浦ガーデン
vol.46 5/22 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.47 7/18 東京 味の素スタジアム
vol.48 10/2 宮城 夢メッセみやぎ
vol.49 12/10-11 愛知 ポートメッセなごや1号館
2017y
vol.50 3/26 福岡 恋の浦ガーデン
vol.51 5/21 大阪 舞洲スポーツアイランド
vol.52 7/17 東京 味の素スタジアム
vol.53 10/22 宮城 GRANDE21
vol.54 12/16-17 愛知 ポートメッセなごや1号館

ご協賛社様・スポンサー様に関して
スポンサー様についてメインスポンサー様を除き、サポート枠「Supported by~」としてご協力して頂けるメーカー様を随時募集しております。通常年間5開催分となりますが年度途中からの受け付けも可能ですので詳しくはお問合せ下さい。内容としましては基本的にメーカーやブランドのロゴ露出を目的としており、ショップ様店舗名等ロゴはお断りさせて頂いております。雑誌広告・フライヤー・ポスター等宣伝配布物・オフィシャルムービー・ホームページへのロゴ掲載やリンク、各開催地でのメインステージ周りへのスポンサー様ロゴバナー掲示となっています。ご協賛金額等はお問合せお願いします、各開催地での出展費用は別途必要となります。

クロスファイブ
 

 
クロスファイブマークは国際商標登録証登録第4871662号にて認定を受けており、ロゴマークの無断使用やステッカー等製作は固くお断りします。
HOME | Company info